多摩霊園を見学しよう~庭園のような美しい霊園が人気~

記事リスト

郊外と都心部の墓地の違い

墓

墓地の種類と特徴調べ

神奈川県には、霊園のある場所が大きく2か所に分かれており、郊外と中心市街地にあります。郊外にある霊園は、土地が広いため、規模の大きな霊園が多く見れます。人気が高いのは、由緒ある古都鎌倉の歴史が感じられるところや、神奈川県の海が一望できる湘南〜三浦半島付近などです。敷地面積が広いため、墓所内に休憩所や売店が設けられているなど、設備が充実しています。また、高齢者でもお参りしやすいように、スロープや傾斜が緩く設計されており、バリアフリーに対応しているところも多くなっています。一方、都市中心部にある霊園は、小〜中規模な霊園がほとんどで、墓所の区画面積も狭くなっています。交通アクセスがよいので、頻繁にお参りに行くことができるというメリットがあります。一般的な墓地だけでなく、建物の中に遺骨を納める納骨堂も増えてきました。郊外と中心市街地にある霊園の、墓地区画の値段を比較してみると、郊外に比べて、市内中心部の墓地区画は、2倍も高額になっています。市内中心部で墓地を探す場合は、なるべく狭い区画のものを選ぶと、金額を安く抑えることができます。また、郊外の霊園が安いからと言って、決して悪いということではありません。郊外の方が、駐車場が完備されていますし、広々とした公園のような霊園も多く、景観の良さが魅力のところもたくさんあります。霊園には、お寺が運営している寺院墓地と、民間業者が運営している民営墓地、神奈川県の市区町村が運営している公営墓地がありますが、神奈川県の場合は、寺院墓地の割合が最も多く、中でも、横浜市などの中心市街地に多く建立されています。最近では、寺院墓地や民営墓地に、永代供養墓も増えてきました。それぞれの墓地の特徴を理解し、自分が墓地に何を求めるのか、譲れないことは何かを考えながら、選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 多摩霊園を見学しよう~庭園のような美しい霊園が人気~ All Rights Reserved.